元横綱千代の富士が死去!すい臓がんの症状となりやすい人とは?

この記事は2分で読めます

スポンサーリンク

九重親方が死去

最後の昭和の大横綱がこの世を去りました。

元横綱の千代の富士(九重親方)が7月31日午後4時ごろ、すい臓がんのため都内の病院で亡くなりました。61歳でした。

早すぎる突然の訃報に九重親方の出身地である北海道では号外が配らるほど、衝撃的な出来事となりました。

小さな大横綱と呼ばれた九重親方は現役時代、「ウルフ」のニックネームで親しまれ小兵ながらスピード感ある相撲で国民的ヒーローでしたね。

大きな功績

九重親方は1955年(昭和30年)北海道で生まれました。初土俵は1970年(昭和45年)。

入幕直後から両肩の脱臼に苦しめられましたが、1日1000回の腕立て伏せなどで克服しました。

1981年(昭和56年)1月場所で幕内初優勝。7月場所で2度目の優勝をし、横綱昇進を決めました。

1988年(昭和63年)には夏場所から当時戦後最高となる53連勝。

1989年には相撲界で初めての国民栄誉賞を受賞しました。

横綱時代、圧倒的な強さを捕決定た千代の富士でしたが1991年夏場所初日、当時18歳の貴花田と対戦し、敗戦。

このあと三日目にも貴闘力にも敗れ、引退を決意しました。

通算1045勝(歴代2位)

優勝回数31回(史上3位)

小さな横綱は大きな功績を残しました。

引退後は九重部屋を継承し、大関千代大海など多くの関取を育ています。

そして去年、両国国技館で還暦を祝う土俵入では元気な姿を披露していましたが、この直後にすい臓がんが見つかりました。

手術をし、経過は順調だったように見えましたが、その後転移が見つかったといいます。

スポンサーリンク

すい臓がんとは?

スクリーンショット 2016-08-02 16.28.46

すい臓とは胃の後ろにあり、長さは20cm。働きは、血糖値を調整するホルモンを出したり、すい液(消化液)を作ります。X線にも写りにくく胃カメラでも写りません。超音波(エコー)検査で写すことができます。

すい臓がんは、2014年の部位別死亡数では肺、大腸、胃に次ぐ4番目の多さとなっています。がんで亡くなる人は減ってきてますが、すい臓がんで亡くなる人は増加しているといいます。早期発見が難しい上、治療が難しいと言われています。自覚症状も初期の段階ではほとんど無く、しいて言うならば、腹痛や黄だんです。すい臓がんが発見された時にはステージが進んでいるケースが多く、転移もあると言われています。

ではどのような人がすい臓がんになりやすいのでしょうか?

血縁関係の中で、すい臓がんになった方がいた場合、いない人と比べると、発症する率は高いそうです。

肥満や糖尿病患者も発症するリスクが高いと言われています。

あとは喫煙者や肉食、加工肉を好む方もリスクが高いそうです。

スポンサーリンク

山縣亮太の9秒台のボーナスは5000万円腕時計?購入方法は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. こういう話を聞くと、癌が本当に怖くなりますね。

      • カイ・キヨ
      • 2016年 10月20日

      本当に怖いです。初期の段階で自覚症状が無いというのも厄介ですね。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Link



あなたの知らない趣味の世界

日常にあふれる大きな出来事からマニアックな情報がいっぱい。明日の会話のネタにどうぞ。

おすすめカテゴリー記事