【ネタバレあり】奪い愛、冬の大谷亮平のセリフが役に立つ?今後の展開は?

この記事は2分で読めます

 

Sponsored Link

こんなドロドロしたドラマを久ぶりに見ました。

と言うか、お子様には見せられないです(笑)

「奪い愛、冬」

タイトルがベタ過ぎてわかりやすいですよね。

ただ、なぜ冬なんでしょうね^^

かいつまんであらすじ

倉科カナ(池内光 役)

出典:http://www.tv-asahi.co.jp/ubaiai/

 

デザイン会社で働く光(倉科カナ)は仕事もバリバリできて、母親想い。

現在、同じ会社に勤める同い年だが後輩の康太(三浦翔平)と婚約をしている。

三浦翔平(奥川康太 役)

 

出典:http://www.tv-asahi.co.jp/ubaiai/

 

には3年前に死ぬほど愛した彼がいたのだが、突然別れを告げられ、笑顔を無くしていた。

しかし、笑顔を取り戻したのが康太の存在だった。

そんな中、ある会社のロゴデザイン・コンペで元彼、信(大谷亮平)と再開する。

彼はライバル会社に勤務していて同じコンペに参加していた。

大谷亮平(森山信 役)

出典:http://www.tv-asahi.co.jp/ubaiai/

 

動揺しまくりの

昔の彼のことは吹っ切れたはずだったのに・・・

 

ドラマでは、康太の仲をよく思っていない人が多く、ドロドロ模様。

の妻である蘭(水野美紀)は、異常に嫉妬深く、少し怖いです。

気になる今後の展開

気になるのがの足の傷ですが、が負わせたのでしょうか。

責任を感じてと別れてと結婚したと予想できますが・・

そんな単純なものではないでしょうね。

の婚約者である康太にも、彼を奪おうとしている秀子(秋元才加)が近づいてきているし・・

康太の母親の美佐(榊原郁恵)の意地悪っぷりがひどいし・・

このドラマは全員がハッピーエンドで終わりそうにないですね^^;

 

Sponsored Link

大谷亮平のセリフが役に立つ

去年、「逃げ恥」でブームにもなったドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」で風見涼太役で出演されていた大谷さん。

出典:http://www.tbs.co.jp/NIGEHAJI_tbs/

 

前は髭を生やしてましたね。

今回のドラマでは髭はないのですが、相変わらずのイケメンです。

そんな大谷さんのセリフがビジネスで役に立つ、いいことを言っています。

 

の元カノであり、元上司の

一つの大きな仕事を終えて、自分達が作ったロゴが入った工場を見ながら言うセリフ。

:「小田さんと一緒に作ったロゴが完成したと思うと感動です」

:「まだ完成したわけじゃない。

あの工場や会社で働いている人が頑張ってくれるからあのデザインが育つ。

花を咲かすのは俺たちじゃない。

俺たちは種を渡しただけなんだ。

一緒に素敵な種を作ってくれてありがとう」

 

イケメン上司にこんなこと言われたら惚れてまうやろ〜(笑)

 

仕事で悩んでいるに対して

「池内、お前が何を作りたいんじゃなくて、相手が何を求めているかを考えろ

情報を発信する仕事はまさにこの考えですよね。

 

仕事に失敗したに対して

失敗したからって落ち込んでる暇なんかないぞ。お前には才能がある

褒め上手ですね。

この上司について行こ!!って思います^^

 

まだまだ始まったばかりの「奪い愛、冬」

今後の展開が気になりますね。

 

Sponsored Link

関連記事:逃げ恥ロス急増中?原作者の海野つなみさんはドラマのヒットをどう思う?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Link



あなたの知らない趣味の世界

日常にあふれる大きな出来事からマニアックな情報がいっぱい。明日の会話のネタにどうぞ。

おすすめカテゴリー記事